内容も更新もきまぐれ、ルーズなビートを奏でています。※休憩中
2006年 08月 18日

HOLGA EXPO 2006
b0081177_23384213.jpg
HOLGA120N+Kodak Ektacolor PRO 160+イメージカラー処理


先日「HOLGA EXPO 2006」に行って来ました。
去年は最終日に鳥取の墓参りから帰ってから行きましたが、今年も近い状態^^;
今年は初日に鳥取の墓参りから帰ってから行きました(笑)
日程がその日に行くしか無理なのは去年も今年も変わらずでした。


この「HOLGA EXPO」は「凝り性飽き性。-HOLGAの場合-」あゆちゃん
出展していということもあり、去年初めていきました。
HOLGAというカメラは簡単で、でも突き詰めると中々難しいカメラで
イロイロな方の撮り方が見れるこのイベントは良いと思います。
中にはあまり自分の感性と合わない写真もありますが・・・。
(まっ、ようするに「で?」「だから?」という感じの写真。やっぱりHOLGAといえど
撮られた写真には作画意図がないと「?」なんですよ。)
とまぁ、ここでグチグチ書いても意味がありません^^
HOLGAにはもっとライトなユーザーが多いのですから。
偶然でもOKですよ、撮れるのが奇跡のようなカメラでしたから(笑)


さて、やっぱりその中でも魅かれる写真というのがあります。
今年これはいいなぁって思った写真の作者さんの名前を見ると何と去年と同じ人でした。
よく見るとなんとなく去年感じたものと同じオーラが出てるような気がしました^^
自分もあれくらい撮れたらなぁと1年経っても同じ事を考えてしまいました。
去年から成長してないなぁ、自分は・・・。

これから、もっともっとHOLGAを使おうと決めた1日でした^^







この写真、かなり色を偽装してます(笑)
まぁ、元々ネガだし決まった色ってないのですがね。
でもこの「Kodak Ektacolor PRO 160」っちゅうフィルムは発色が渋すぎるのです・・・。


出発の朝、フィルム選びで悩みました。
選択肢は3つ。

この「Kodak Ektacolor PRO 160」(ネガ)
次いで「PROVIA400F」(ポジ)
最後は「ACROS」(モノクロ)

最近ブローニーで撮ってなかったからフィルムがなかったのです^^;
天気が良いのがわかっていたので、モノクロはやめてカラーで青空をと思いました。
次に悩んだのがフィルム感度。

「160 VS 400」

HOLGAのSSは単速でおそらく1/100、絞りはおそらくF8(F11という噂も)
となるとISO160を選ぶのがベター。
400の候補のPROVIAはポジということで、シビアな露出が求められます。
一方、ネガのPRO160はある程度ならラチチュードを頼ることができます。

ということで、「Kodak Ektacolor PRO 160」になったのですが・・・
このフィルム、発色が渋すぎて使う気になれなくて残っていたのです。
そうそう、5本セットのうち、1本目で萎えて2本友達にあげて2本残っていたのですよ・・・。

結果は予想通り、渋い砂浜の画がスキャナからあがってきました。
そんなのやってられるかってんで、空と砂地にわけて処理。
空なんて青空フィルター処理ってくらい青を前面に出しました。
もっとアンダーに振って濃い青空にもしてみましたが、不自然すぎて却下。
まぁ、この画もかなり不自然ですが(笑)
現実はもっと穏やか~な海岸でしたよ^^

はぁ、フィルム買っておかないと。
[PR]
by beatlose_z | 2006-08-18 00:16 | HOLGA

<< Memory of sand  │ Main │  Loose cat >>
エキサイトブログ
その他のブログ
BlogPeople
あわせて読みたい
Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このBlogを登録 by BlogPeople

Powered by BlogPeople

あわせて読みたい